彼にも運にも愛される
星読みプロデューサー
濱田奈美 挨拶

(株)Raywave取締役

店舗Belle Lineを運営しています。

 

 

 

 

 

弊社は3つの輝きを大切にしています。

 

  • 自分を知り、ありのままの自分を受け入れる、内面美。
  • 自分の似合うを知り、印象を磨き、自信をつける、外見美。
  • パートナーから愛され、心の底から満たされる、心の豊かさ。

 

 

 

皆様、初めまして。

 

私は、『彼にも運にも愛される星読みプロデューサー』として

広島で店舗Belle Line内で

占い・美容サロン・結婚相談所を運営しております。

 

 

私の考える『彼にも運にも愛される』とは?

 

自分をまず大切に、そして愛され、美しく豊かに生きる人生です。

 

 

 

 

将来の夢。

 

『ハイヒールをはいたキャリアウーマンとお嫁さん。』

これが私の将来の夢でした。

 

よく母のハイヒールを履いて、鏡を見て、大人になったときを想像していました。

そして、母のように人の役に立つ仕事をしたいとも思っていました。

 

 

 

私は、自動販売機も車で行かないとない。

街灯も周りにひとつしかない。

 

夏はウシガエルが泣き、ホタルが出る場所で過ごしました。

 

 

弟とは6つ離れており、

両親も共働きで

ひいおばあちゃんに育てられたので

 

ひいおばあちゃんと遊ぶか

一人遊びをよくしているような

人見知りの大人しい子でした。

 

 

だから、私は

「大人になったら、こんな人になりたいな~」

って、想像を膨らませていたのです。

 

 

 

 

 

 

進路指導が始まりましたが

具体的になりたい職業を言えません。

 

 

だって、なりたいのは

『お嫁さんと、ハイヒールをはいたキャリアウーマン』

だもの。

 

 

 

 

両親は公務員。

 

さらに私の高校生の時代は、『就職難』と言われた時代でした。

 

 

 

起業するという選択肢は全くなく

自分に自信もなかったので

「人の役に立ちたい」思いと将来の安定のため、

「作業療法士養成校」に入学し、

精神科分野に力を入れます。

 

 

 

 

私の第一のダークサイド時代突入。

 

 

作業療法士という職業は素晴らしい仕事でしたが

私は向いてないんじゃないかと感じ始めていました。

 

 

プライベートでは、私の根本を揺るがす事件も起こりました。

 

そこからは、どんどんただ落ちていく状態だったと思います。

 

 

学校に行くのが嫌。

 

 

夜になるとフラッシュバックと不安が襲うので

キャバクラで働き始めました。

 

 

「SOSを言いたいのに、言えない」

 

 

そして…

彼氏がいないと寂しい。

 

 

私にとって、恋愛=結婚だったし、ずっと一緒にいてくれる人を求めていた。

 

 

 

恋愛依存。

 

この頃、バンドマンの彼と出会い、付き合っていました。

 

私の苦しいときを支えてくれました。

 

 

大好きで、離れたくない。

 

離れる瞬間に不安が襲い、帰りたくない!って本気で思ってた。

 

 

彼の夢を応援できずに、

「私とずっと一緒にいて」って思って

バンドもいつしか応援できなくなってしまってた。

 

 

だから、大好きだったもに

この彼から、別れを告げられてしまった。

 

ただ、この彼には今でもとても感謝しています。

 

 

 

 

彼と別れたあと、寂しくて寂しくて

夜働きながら、合コンに行ったり

フリーの友達と出会いを求めていました。

 

 

 

そして数ヵ月後…

 

 

今の主人と出会う。

 

 

同じ専門学校のひとつ下の、今の主人と出会いました。

 

 

まだ元カレのことを引きずっていましたが

主人に一目惚れし、交際へ。

 

 

 

今度こそ、ずっと一緒にいれる人がいい。

 

 

主人は、本当に底抜けに明るい人でした。

 

一緒にいたら、冗談を言っていつも笑わせてくれるような人。

 

 

専門学校が一緒だったので、

バンドマンの彼より、

離れるときの寂しさはあまりありませんでした。

 

 

ですが、私の恋愛依存は、基本的には治っていませんでした。

 

 

 

第2のダークサイドに突入。

 

 

私が自立していなかったので

別れてしまいました。

 

 

主人から連絡がくると嬉しくて

会っても「復縁」ではなくただ遊んでその日が終わると

ズーンと落ち込むというという状態で、

主人に振り回され(笑)

一喜一憂していました。

 

 

そんな状態でしたが、「やっぱりやり直そう」と言ってくれて、復縁します。

 

 

また、学校は休みがちでしたが、進級はなんとかしていきました。

 

 

 

ユタの占い師との出会い。

 

その頃、自分が何なのか分からなかったので、

自分自身が占いを受け、

 

ユタの占い師(第一の師)との出会いから、

持って産まれている能力を認められ、

 

『占い師になればいいんじゃない?』

と助言を受けたこともありました。

 

 

様々な道標をいただきました。

 

 

精神科に入院。

 

ギリギリの状態で頑張り続けていましたが、

専門学校3年生の精神科の実習地でついに倒れ、

 

実習地(精神科)に入院し、

薬漬けとなり、実習は強制終了。

 

 

そして実家に帰りました。

 

 

母に甘えることが出来ない私は、

実家にいるより、

すぐに当時付き合っていた、

今の主人のアパートに転がり込みました。

 

 

そこからの私は、

強い薬を飲んで帰ってきていたため、

ほとんど記憶がありません。

 

 

実習を頑張れなかった自分を責め、

奇行を繰り返してしまいます…。

 

 

 

朝目が覚めたら不安が遅い、

泣き崩れることが度々で(この頃の記憶はない)

せっかく復縁した主人からも、2回目の別れを告げられました。

 

 

 

別れは、当たり前の状態でした。

 

 

 

そして、

ついに実家に帰り、

強い睡眠薬を飲んで、

1日中無理やり寝るという、

寝たきりの状態が続きました。

 

 

生きているのに死んでいるような生活。

 

 

起きたら不安が襲うので、

起きているのはご飯のときだけ。

 

それ以外は、薬で強制的に寝るのです。

 

 

もう入院寸前のボロボロでした。

 

 

 

 

生きる意味を見失い、

現実を直視することが出来ず、

立ち上がる気力さえもない。

この頃が1番人生でしんどい時期でした。

 

 

 

母の愛。

仕事人間だった母は、この頃、

仕事を早く切り上げて帰ってきてくれたり、

休みを取ってくれたり、

私にとても寄り添ってくれました。

病気のお陰で母に遠慮せず、

甘えることが出来たのもあるのでしょうか?

三ヵ月ぐらい経ったあたりから、

自然と動こうという気持ちになりました。

 

 

 

『人間ってこれだけどん底に落ちても、自分で這い上がることができるんだ。』

と思いました。

 

 

安定剤なども飲みながらでしたが、

心も安定し、友達とも遊べるようになりました。

 

 

 

強くなりたい…そして出来ることなら、彼(主人)ともう一度やり直したい。

 

 

まだ休学中で実家にいましたが

ふと「元気?」って彼(主人)から連絡がきました。

 

 

数ヵ月ぶりに連絡をくれて、どれほど嬉しかったことか。

 

 

それと同時に、たくさん迷惑をかけたから、

もしまた会えるなら、

強くなって会いたいと思えるようになりました。

 

 

これからは、HYのNAO状態(笑)

 

 

でも、それでもよかった。

 

私が苦しかったとき、支えようとしてくれていたから。

 

 

周りからは、「なみちゃん、遊ばれとんじゃないん?」って声もあったけど、

私はそれでも、彼(主人)と会えるときに何が返せるかと

与えることに気持ちが変わっていたのです。

 

 

 

そして、一年かけて復縁しました。

 

 

「卒業後、結婚を前提にやり直そう」

そう言ってくれたとき、どれほど嬉しかったことか。

 

休学したことで主人と同じ学年になりますが

復学し、卒業、作業療法士資格合格。

 

 

 

 

 

 

主人と婚約と同時に、

精神科の薬も自力で絶ちました。

国家資格も取りましたので、

卒業後少しの間、

病院で作業療法士として勤めましたが、

 

やっぱり病院勤務は、

数日で体調を崩してしまいます(苦笑)

 

 

 

そして妊娠をし、

『家で出来る仕事』をしようと思い、

ユタの先生の言葉をふと思い出し、

『電話占い』なら私でも出来るかも!と思い、

タロットを独学で勉強。

 

霊感・タロット占い師として、大手電話占い会社へ応募、合格。

この頃月に約100人鑑定し、ベスト3に入ります。

 

 

 

そして、痛感したことがありました。

昨日電話鑑定した方が、また今日も電話をしてくる。

数日前に電話鑑定した方が、また今日も電話をしてくる。

色んな先生に鑑定してもらっても満足できない、

俗にいう『占いジプシー』の方が多い!

不安でたまらないお客様達は、

まるで以前の『起きたら不安が襲う私の姿』のようで、

いくら私が安心できる言葉をかけても力を費やしても、

お客様の根本的な不安感を

拭い去ることはできないんじゃないかと、

 

私の無力さ…、

そして電話鑑定の

『不安の無限ループ』のようなものを感じていました。

 

 

 

そんな中、出産・育児、

『電話占い』を副業でしながら、

美容の仕事を100万円かけて開業。

中四国三位にもなり表彰され、

人をきれいにすることはとても楽しかったのですが、

『売る』ことがプレッシャーになり始めました。

 

「女性が輝くことに携わりたい」という思いは、

『外からの美の部分ではなく、内からの美なのではないか』と感じます。

それでも「三年は続けよう!」と決めていたので、美容の仕事は三年続けました。

 

 

 

自分を信じることがお客様が出来るように「占い」を使いたい。

 

占い師としての道を、

「もっと違う方向で、もっと根本的な解決が出来ないか?」

「自尊心や自己肯定感を高め、自分で自分を幸せに出来る力を持てないのだろうか?」

と、思い始めました。

 

 

そして、

マヤ暦と西洋占星術という統計学を学び

自分を受け入れることを学びました。

 

 

 

 

『自分を知ること』は、自分らしく生きていいんだと、自分を信じることに繋がりました。

 

私の歩んできた道は、今に至るための道だと思えました。

 

 

悩みを抱え込まなくなり、自分を信じ進むことができるようになりました。

 

 

自分を知り、自分と向き合い、自分を受け入れると、私の人生は180度変わりました。

 

 

苦しかった理由が、ピースのように当てはまるようでした。

 

 

 

 

 

自分で運を掴む人を増やしたいと感じ

鑑定だけでなく講師業も始めました。

 

 

 

 

Belle Lineに込めた意味は…

*Belleは美しい人。
*Lineは繋がり。

 

 

『孤独な人が多いから、私が誰かのsosを繋げるLINEになりたい。』

『孤独な社会ではなく、個立な社会を目指したい。』

『自分で自分を幸せに出来る人を作りたい』

 

そう願いを込めました。

 

 

2014年

埼玉のペガサスジャーニーhiromi先生から、マヤ暦を学ぶ。

2015年11月。

パワーストーンナビゲーター、デザイナー、2級・1級カウンセラー取得。

2015年12月。

西洋占星術を学ぶため、cleyera 橘寧乃先生のところに通う。

2017年2月3日。

結婚相談所開設。

2018年10月。

インナーチャイルドカード取得。

 

そして…

令和元年6月17日

(株)Raywaveを設立。

令和元年8月6日

並木店舗プレオープン。

 

令和元年8月9日

並木店舗グランドオープン。

 

 

併設の美容サロンは、美容鍼とボディメイクが可能です。

 

 

結婚相談所ご入会のかたや

プレミアム美女力・美男力UPコースのかたは

こちらの美容サービスを受けることが可能です!

 

 

 

Raywaveの意味は、

  • Ray:光線
  • wave:波

 

そして、奈美の「波」と

令和の「Raywa」をかけました。

 

 

このお店にきた方が、自信を持ち輝きを増してほしい。

 

全ての人が輝けるがコンセプト!

 

 

 

 

結婚相談所では、婚活で苦しんでいる方から

「なみさんの結婚相談所で活動してよかった」

というお声もいただくようになりました。

 

 

恋愛・婚活・夫婦問題カウンセラーとして、

タレント活動もさせていただいたりもしています。

 

 

 

私は、結婚生活は四季のようだと感じています。

 

そして、美しい庭を二人で作っていくようなものです。

 

 

もし、美しい緑に覆われ、草花が咲き誇るような、

見事な庭を作りあげようと思えば、

絶えず豊富な水をあげていかなければいけません。

 

 

それと同じように、

理想的な夫婦の関係を築き上げようとするのなら?

 

 

絶えず、愛情と思いやりという水をあげていかないと、

夫婦関係は育っていかないのです。

 

 

 

とは言っても。

 

 

ただ、水をあげ続ければ、美しい花が咲くのかというと…

そうではないと思います。

 

 

水だけは不十分なんですよね。

 

 

 

四季の移り変わりや、天候の変化に備えて、

細かやな気遣いをしていかなければなりません。

 

 

愛を保ち続け、成長させていくためには、

その四季の移り変わりを意識し、

必要としているときに特別な栄養を与え、

心細やかな世話を焼きながら、

理想的なパートナーシップを築いていかなければなりません。

 

 

 

【春】

 

恋が芽生えて、愛の季節の始まったとしましょう。

この幸せが永遠に続いていくよう願うと思います。

 

 

【夏】

 

純粋にただ大好きだった相手への見方が、変わってくる時期。

相手が完璧な相手ではなかったと認識するようになるのです。

 

関係を保っていくためには、それなりの努力が必要になってきます。

 

相手は、考え方は全く違う。

時として過ちを犯したり、欠点が見えてくる。

 

相手に失望することもあるかもしれません。

 

そういった『雑草』を取り除いていかないといけない。

熱い夏は、特に念入りに水を与えていかないといけない。

 

パートナーが必要としていることを理解し、

自分の方から合わせていかないといけないし、

また、自分の思いもきちんと伝えて、

理解し合う努力をしていかないといけない時期なんですね。

 

 

 

【秋】

 

夏の間に、しっかり手入れをしていたのであれば、成果を収穫する時期です。

 

充実し、生活も心豊かに過ごせる時期です。

 

 

お互いの欠点を認め、感謝し合える時期となります。

 

 

 

 

【冬】

 

寒い冬が、めぐってくると、自分の中に閉じこもる時期となります。

 

十分に休息し、充電し、新しく自分を生まれ変わらせる必要がある時期です。

 

否定的な感情になったり、心の奥深くに押し込まれていたものが出てきたりします。

 

 

 

相手のことより、自分自身のことに関してじっくり見つめなおすとき。

 

 

お互い、自分自身を見つめ、自立していく時期になります。

 

冬の季節は、自分を愛することを忘れなければ、再び春がやってくるのです。

 

 

 

 

 

このように、夫婦関係は四季で表されるように感じています。

 

 

私たち夫婦も、本当に色んなことがあったなって、毎年3月20日を迎える度に思います。

 

 

 

結婚記念日は、思い合いお祝いするというより、ここ数年、今までを振り返る日だと感じます。

 

 

 

 

お互い角が丸くなり(笑)

理解し合う大切さを学んできたように思います。

 

 

 

星読みで主人のことを知り、より主人を理解できたように思っていますし、

男女のコミュニケーションを学び、主人にかける言葉も変わったように思います。

 

 

 

相手を理解するには統計学も必要ですし、

それだけではなく脳科学的なコミュニケーション方法も

大切だなと思っています。

 

 

そして、そのためには

内面美・外見美どちらも必要だということ。

 

どちらも整うことで、自立が出来ます。

 

 

私は、あなたの未来を叶える、Line(繋がり)になります。

 

 

私の詳しい生い立ちプロフィールはこちら。

 

 

 

​©2017.2.3 OPEN by Bellline all rights reserved.​ Proudly created Nami Hamada.

 

名称 Belle Line
運営者 濱田奈美
会社概要 〒730-0029
広島市中区三川町6-13 Mビル5F
(株)Raywave
連絡先 お問い合わせよりご連絡ください。
その他 特定商取引法に基づく表記